社会人の心構えを教わったアルバイト

私は初めてのアルバイトで、社会人としての心構えを教わりました。

それまでの私はわがままでコミュニケーション能力も低く、かなりダメなやつでした。

しかしお金がほしいと考えて、書店アルバイトをすることとしました。

このアルバイトではお客さんとの対応以前に、一緒に働いているクルーとの連携を学ぶことが出来ました。

私が適当な仕事をしてしまうと、迷惑を被るのは後のシフトの人だったりします。

例えば私がブックカバーのかけ方が悪かったり、注文された本の処理を間違えたりすると、苦情を言いつけられるのはレジにたっている後のシフトの人であることが多いのです。

最初、気をつけずに速度重視で仕事をさばくことばかり考えていた私にゆっくりでもいいから正確性を求めるような仕事が大事だと教えてくれたのは、そうしたミスと、バイト仲間に迷惑がかかってしまうという事柄でした。

お金が絡む仕事をするのも戦々恐々で、良い経験になりました。

レジの金額が合わないと、本屋では死活問題でした。

そんな中で、バイト仲間との連携で混みあうレジをさばいたり、ポップ作りを任せてもらえたり、充実した経験も積むことが出来ました。

社会人になるための心構えを学ぶことが出来たように思います。

社会人の心構えを教わったアルバイト